真空マジックってなぁに? 真空調理って何? QandA 徹底比較 私たちが考案しました 防災スタイル お知らせ サービス FaceBook 出版書籍
会社情報
株式会社日本真空調理推進会
〒104-0033
東京都中央区新川1-5-13
伊成ビル4F

TEL 03-6280-4866
FAX 03-6280-4986
 

  • ポリ袋とは何ですか?

    A.ポリエチレンでできている袋です。真空調理では高密度ポリエチレン(HDPE)でできた半透明の袋を使用します。真空マジック専用ポリ袋は、従来のポリ袋の約10倍の厚さがあり、120℃まで耐熱ですので、骨のついた魚などにも安心して使うことが出来ます。
  • 市販の冷凍専用バックも使えますか?

    A.一般的に、市販の冷凍用の袋は透明な袋で、低密度ポリエチレン(LDPE)でできています。この袋は、耐熱性があまり高くありません。溶けることはありませんが、伸びる、という現象が起きることがあり危険ですのでご使用にならないようお願いいたします。
  • 加熱をすることでポリ袋から有害な物は出ないのですか?

    A.ポリ袋は炭素と水素からできています。そのため、ポリ袋を焼却しても水と炭酸ガスになり、塩化水素などの有害なガスを 発生させることはありません。ですから、最終的にごみになっても安全に焼却処分できるので、埋立処 分することなく、ごみ発電や地域暖房などのようにエネルギーとして有効利用できます。日本で俗に「ビニール袋」と呼ばれているもののほとんどはポリエチレン製のポリ袋であり、通常スーパー等で使用される包装用の袋に塩ビ製のものはなく、塩化ビニル樹脂製のビニール袋を身の回りで見かけることはほとんどありません。
  • 素材に火が上手く通らず硬いです。原因は何ですか?

    A.ポリ袋の中の空気を充分抜いてください。半真空状態にすることで熱伝導が上がり、火の通りがよくなります。ただし、調理中に袋が膨らんできたとしても、食材からの水分が蒸気となって飽和状態になっていますので、あまり神経質になる必要もありませんのでご安心下さい。

    A.具材は普段の料理よりも薄め、あるいは小さくカットしてください。特に、じゃがいもや大根など火の通りにくい物にはご注意ください。大きくカットした場合は長めの加熱をお勧めします。

    A.お湯は専用鍋をご利用の場合は「安全水位線」まで、お手持ちのお鍋をご利用の場合は6分目位まで張ってください。

    A.食材の入った袋を入れた後、お湯を必ず再沸騰(95℃以上)させてください。沸騰したら火を弱め、鍋底からポコポコと泡が出るくらいのとろ火をキープしてください。

    A.食材の入った袋は、熱が均一に伝わるように出来るだけ平らにして下さい。具材が団子状に丸くなっていると、中心部まで火が通らないことがあります。
  • 食材にうまく味がしみ込まないのですが、原因は何ですか?

    A.加熱する前に、ポリ袋の中で食材と調味料がよく馴染むように混ぜ合わせるなど、工夫をして下さい。
  • ポリ袋をお湯に入れると膨らみ、プカプカと浮いてきます。大丈夫ですか?

    A.問題ありません。熱が加わることで素材が元々持っている水分から水蒸気が発生し、ポリ袋が膨らみます。火の通りが不完全な場合は、やけどをしないように充分に注意しながら、途中で裏返してください。
  • なぜ調味料が半分で良いの?

    A.パウチクックは、食材のうま味や水分をフル活用する調理法。また、パウチクックは、袋に入れて空気を抜くから少ない調味料でも食材全体に行きわたります。だから、調味料は必要最小限でOK。塩分や糖分を抑えることもできます。
  • なぜヘルシーなの?

    A.通常、調理をすることで失われてしまう栄養素はおおよそ40〜50%とも言われています。パウチクックは、袋の中で調理をすることで栄養素の流出を防ぐので90%以上残します。また、食べ物の酸化を防ぎます。パウチクックは体に必要な栄養素を効率よく摂れる究極のヘルシー料理なのです。
  • なぜカロリーが普通の料理より少ないの?

    A.パウチクックをする時は、調理用の油は不要です。だから、カロリーの大幅カットが出来ます。
  • IHでも使えますか?

    A.真空マジック専用のしかくいナベはホーローなので、IHもガスも使うことができます。
  • なぜ煮崩れしないの?

    A.空気を抜いたポリ袋の中では対流が発生しません。
    だから、野菜も肉も魚も煮崩れすることがありません。誰でもカンタンにきれいに仕上げることができます。
  • なぜ肉や魚が硬くならないの?

    A.パウチクックは、食材にあった温度と時間で調理をするのが特徴。
    真空マジック専用鍋は、温度計を刺して使えるから、火加減の難しいローストビーフのような塊肉の料理もラクラクプロの仕上がりになります。
  • カレーを作る時の水は少なめって本当?

    A.パウチクックは、袋の中で調理をするから食材の水分を十分に活かして調理をします。また、袋の中の水分が蒸発しないので、調理用の水分は最小限でOK!カレーやみそ汁など専用レシピに詳細は掲載されていますが、1人当たり100〜150ccで作ることができます。
  • 専用鍋はなぜ四角いの?

    A.真空マジック専用鍋は、調理専用クリップを4本平行にかけられるようにクリップスタンドが付いています。
    ですから、取り出すときも安全&ラクチンです。また、クリップを固定することでそれぞれの料理の加熱ムラを防ぐこともできます。
    また、四角い鍋は中の対流が生まれるのを防ぐため、吹きこぼれをしにくくなっています。丸い鍋で作るときは蓋をせずに加熱しなければならなかったのですが、四角い鍋は蒸気口も一回り大きめになっていますので、しっかりと蓋をして加熱することで更に加熱ムラを防ぎおいしく仕上がります。
  • 専用鍋の蓋には何か特徴があるのですか?

    A.専用鍋には通常より一回り大きな蒸気口が空いており、ここに専用の温度計を刺すことができるようになっています。
    温度計をで温度を管理してあげることでローストビーフや、バンバンジーなど塊肉を調理する際、まるでプロのような仕上がりの料理をご家庭で更に簡単に、手軽に楽しむことができるようになります。
    また、蓋は取っ手が通常より長くできており独立して立つようにデザインされています。
  • なぜ専用の温度計があるのですか?

    A.真空調理は温度と時間をしっかり管理してあげることで、それぞれの食材に適した温度と時間で調理をすることができる調理法です。
    特に、ローストビーフや、バンバンジーなどの塊肉の料理は、専用の温度計に赤いマークがついており、そのゾーンの温度で加熱をすると驚く程ジューシーで美味しい、まるでプロのような仕上がりの料理を、ご家庭で気軽に楽しむことができます。
    また、野菜や米など沸点をキープして料理したいものもしっかりと温度管理ができますから、せっかく作ったものの火が通っていない、などの失敗を防ぐこともできます。
  • 専用鍋は他の調理にも使えますか?

    A.四角い鍋は、パウチクック専用鍋ですがパスタや野菜を茹でたり、蒸し器として使っていただくこともできます。
    けれど、四角い鍋は対流を防いでくれるので、常にかき混ぜていないと焦げてしまうようなカレーやシチューを作るというような料理には向いていません。
  • 専用袋は安全ですか?

    A.この調理専用袋は燃やしても環境ホルモンや、ガスが発生しない素材ポリエチレンでできており、湯煎して使っていただいても問題ありません。
    日本食品衛生協会で検査をしていただいた、耐熱性のあるパウチクックをする際安心して使っていただける商品です。ただし、電子レンジでのご使用はできませんのでお気を付けください。
  • 離乳食や介護食にも使えますか?

    A.パウチクックは、食材の水分を活かししっかりと加熱してあげることでやわらかく仕上げることができるため、離乳食や介護食にも向いています。
    少量からでも作ることができるので常に新しく美味しいものをあげたい、少量でもしっかり栄養素をしっかり摂れるようにしてあげたい、などのニーズにもしっかり応えます。
  • 米を炊くこともできますか?

    A.パウチクックは米を炊くこともできます。
    かんたんに一人分のお粥を作ったりすることもできますので、ご家族が体調を崩されたときや、ちょっと小腹が空いたというような時のために作り置きをしてく、など色々な楽しみ方ができます。

ページトップへ